無痛で早い大腸内視鏡検査の記録ブログ

         大腸内視鏡は、痛くてつらくて大きらい!
         大腸内視鏡経験者のつらい話を聞いたから、自分は検査を敬遠します。
         つらかった最初の経験から、定期的な検査は受けていません。
         云々の意見多く聞きます。しかしそこからうまれる悲劇は、はかりしれません。
         大腸内視鏡はラクなもの、もっとラクに検査を受けましょう。
         名医はあなたの近くにいる!?ただ、気がつかないだけ・・・
         これまでも、そして、これからも、ひきつづきあなたのお問い合わせに丁寧にお答えしていきます。

2013年8月、URLを変更しました。(旧URL:http://colonoscopy.livedoor.biz/
ひきつづき、このブログもご活用ください。
武神健之のHPはこちらからどうぞ。http://drtakegami.com/

大腸

ブログ引っ越しのお知らせ

このブログをご覧いただき、まことにありがとうございます。

ほぼ10年間続けてきたこのブログは、2013年11月、以下アドレスに引っ越しました。
http://colonoscopy.jp/

 
皆様の声を集め、より充実した内容、あなたの心と体の健康管理、
あなたと大腸内視鏡検査の架け橋
にお役に立てていただける内容を配信したいと思います。

お問い合わせ等ございましたら、
新しいHPより、
ご意見、ご感想、ご質問、ご要望、頂けますと幸いです。
*****************************************************************************************************************
***************************************************************************************************************** 

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の前に飲む下剤は、4種類あります。

このブログをお読みいただいてどうもありがとうございます。
今日の話は、
【大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の前に飲む下剤は、4種類あります。】
です。

それぞれの製品の概要、いい点(+)、デメリット(-)を独断と偏見でコメントさせていただきます。
ご活用いただけますと幸いです。

  1. モビプレップ(液剤)
    ・パックに水を入れて2000mlにし、1000mlを約1時間かけて飲みます。他に、飲んだ液剤の半分量の水分を取る必要があります。(高張液なので脱水防止のため)
    (+)薬剤の服用量が少なくすみます。 前日の検査食、他の下剤の使用を削減でき、処置時間が短くなります。
    (-) 薬剤の半分量の水やお茶等を飲む必要があります。ニフレックやマグコロールに比べると、飲み方がややこしいかもしれません。
     
  2. ニフレック(液剤)
    ・パックに水を入れて2000mlにして、約2時間かけて飲みます。
    (+) 
    服用方法が簡単です。腸管内の残便/カスが少なく、正確な検査が期待できます。
    (-)レモン風味の特有の味があり、個人によっては飲みにくいと感じることがあります。
     
  3. マグコロール(液剤)
    ・パックに水を入れて1800mlにして、約1.5時間かけて飲みます。
    (+) 
    服用方法が簡単です。スポーツ飲料水のような味で、飲みやすいです。
    (-)甘みがありますので、個人によっては飲みにくいと感じることがあります。

  4. ビジクリア(錠剤)
    ・錠剤5錠を、200mlの水分(水やお茶)で15分ごとに計10回飲みます。つまり、約2.5時間かけて、錠剤50錠、水分2000mlを飲みます。
    (+) 錠剤を飲むときは、水、お茶、麦茶、ウーロン茶、紅茶など、好きな飲み物で飲めます。ただし、糖分の入っていない飲み物に限ります。

    (-)錠剤が大きく(16x8x6.5mm)、個人によっては飲みにくいと感じることががあります。
     
2013089 大腸内視鏡下剤4種類



2013089 大腸内視鏡下剤2


最終的には、あなたの主治医とよく相談の上、お決めください。
検査にあたって、飲む下剤に選択肢のある施設だといいですね。

以上、あなたにお役に立てば光栄です。 

新規URLで再出発!

ブログのURL(旧URL:http://colonoscopy.livedoor.biz/)が失効していまいました。

とてもショックなことがありました!
2005年、大腸内視鏡の修行時代にはじめたブログ、「無痛で早い大腸内視鏡検査の記録ブログ」のURLがいつの間にか失効していました。クレジットカードの期限失効に伴い、支払いが滞っていたようです・・・。

ブログをはじめたときは、自分の大腸内視鏡技術の習得用のoutputが中心でしたが、
ブログのテーマは以下の如くで、近年は、一般の方からの疑問やお問い合わせにお答えしていました。
-----
大腸内視鏡は、痛くてつらくて大きらい!
大腸内視鏡経験者のつらい話を聞いたから、自分は検査を敬遠します。
つらかった最初の経験から、定期的な検査は受けていません。 
云々の意見多く聞きます。しかしそこからうまれる悲劇は、はかりしれません。 
大腸内視鏡はラクなもの、もっとラクに検査を受けましょう。
名医はあなたの近くにいる!?ただ、気がつかないだけ・・・
これまでも、そして、これからも、ひきつづきあなたのお問い合わせに丁寧にお答えしていきます。
-----
(下剤やポリペクの話などをしています)


最近は、大腸内視鏡に力を入れている医療施設が、毎月○十万〜を払って「大腸内視鏡」や「大腸内視鏡検査」のキーワードで有料SEO対策をしている中で、このブログは、ちょっと前までは、SEO対策なしに、「大腸内視鏡」や「大腸内視鏡検査」のキーワードで2番目や3番目にきていて、それなりに、社会的使命を感じてやっていました(自己満足?)が、全てぶっ飛んでしまいました。

心機一転、新たに、URLを取得し、再出発しようと思います!
新規URL:http://colonoscopy.jp/
ぜひ、皆様のブログ等にリンクお願いします。
また、お知り合いの方々に、ご紹介下さい。

一般向けコンテンツ

はじめにお読みください
まずははじめにお読み下さい。

大腸内視鏡検査の施設と医者の選び方
名医はあなたの近くにいる!あなたの名医はあなたが探そう!独断と偏見によるアドバイスです。

大腸内視鏡体験者の声
大腸内視鏡体験者のあなたの声をお待ちしています。あなたの体験談は、検査を迷われている方のとても大切な参考になります。

下剤、検査の準備関係のお話
下剤の種類や飲み方など、ここだけのはなし満載です。

鎮痛剤・鎮静剤・Sedation関係のお話
下鎮痛剤(麻酔)や鎮痙剤など、ここだけのはなし満載です。

ポリープ・ポリペクのおはなし
ポリープがあったらどうするの?ポリープをとったけどどうするの?あなたの疑問を解決します。

医者にかかるまでもない”患者さんからのQ&A”
多くいただく質問等をのせてみました。

医者にかかるまでもない”薬”の話
知っていると便利な薬の知識です。

今日の大腸内視鏡検査にて
日常診療の中で、印象に残ったことなど・・・。

 


 

専門家向けコンテンツ

大腸内視鏡挿入法の心得
   大腸内視鏡を学ぶ上での心得です。お堅い内容ですが、一度はお読み下さい。

大腸内視鏡挿入方法について
右脳を使った感覚的挿入方法。理論よりも、あなたの「感性」に訴えます!

東大医学博士による医師のための内視鏡専門講座
ららぽーと横浜クリニック院長のブログ、東大医学博士による胃腸科肛門科の最新医療ブログ「医師のための内視鏡専門講座」のご協力により提供しています。

よくわかる大腸・肛門科「大腸内視鏡挿入法を議論する」
アルト新橋クリニック赤木院長先生のHP【よくわかる大腸・肛門科】へのリンクです。大腸内視鏡挿入法を議論します!
技術の向上に真摯に努める医師の理想とも言える先生です。管理人もこの先生と出会ったことが、大腸内視鏡検査上達のカギの一つでした。大腸内視鏡医、肛門科医のDrはぜひお読みください。 

盲腸までの到達時間
無痛で早い=無痛で快適、安全で正確、かつ早い大腸内視鏡検査です。早いにこだわる必要はありません。挿入時間の「中央値±標準偏差(median±SD)」で考えて標準偏差が小さいことが技術の安定を示すと考えています。私はだいたい4分±2分です。

 コメディカルのための内視鏡介助等のポイント 

内視鏡バイトを探しているDrへ

医師のバイトならリクルートドクターズキャリア

どうやって自分の大腸内視鏡件数を伸ばすか?

さらなる経験をどのようにこなすか?

このような疑問が出てきたレベルDrへ、ひとことです。

 

世の中、色々な、医師の転職・非常勤紹介業者がいます。

数社、幾人かの人と出会い、お話させて頂いたことがあります。

その経験を元に、言わせて頂くと、

その業者さんが、何で働いているのか?

その業者さんにとっての旨みは何か?

をちゃんと考えて、お付き合いしましょう。

 

医師と病院を契約させることで、自分の業績(歩合給)をgetするシステムの会社もあります。

ちゃんと、末永いお付き合いを考えてくれているような業者さんもあります。

 

そういうことを考えると、提示されている条件が、本当なのか、どうなのか、より見えてくると思います。

 

結局は人と人の相性でしょうが、いわゆる大手は結構安心できるところが多い気がします・・・。

個人的には、ここが安心です。

医師のバイトならリクルートドクターズキャリア

 

大手であれば、色々な方面からの情報を持っており、幅広く全国での検索が可能という点も魅力です。

 

あなたの名医に推薦!今年最大のオススメHPの紹介!よくわかる大腸・肛門科!

 友人の大腸肛門科医がホームページを作成しました。

 

よくわかる大腸・肛門科

 

 名前の通り、大腸・肛門について、とてもよくわかるホームページです。

 自作のイラスト満載で、どなたにもよくわかるように、大腸肛門の病気について、解説しています。

 当ホームページでも、自信を持って推薦させていただきます。

 

このホームページの作成者は、現在、全国屈指の診療実績を誇る某大腸肛門専門病院に所属し、外科医として毎日大腸肛門病の診療をおこなっています。
 

大腸肛門病学会専門医 (IIb:肛門外科専門)であり、かつ、消化器内視鏡学会専門医のDrで、肛門科の手術経験は、術者のみで約4000件、大腸内視鏡検査にしては約10000件と超ベテランです。名医です。

 

この先生が、大腸肛門の病気や治療法について、実際に現場で使用している自作のイラストを用いてくわしく解説します。

よくわかる大腸・肛門科

 

 今年最大のお奨めホームページです。

 あなたの名医に推薦します。

よくわかる大腸・肛門科の作成者、「よくわかる大腸・肛門科委員会会長」のコメントはこちら

続きを読む

院長の「顔」をみられる施設か?

 とくにクリニックレベルでは、院長のポリシーがそのクリニックの前面に現れます。

 トラブルになった時の対応も、その院長の判断で変わってくるのです。

 患者さんを大切にする院長なのか?全てはここにつきます。

 内視鏡検査はその場限りの検査ではありません。

 一生のお付き合いになる可能性もあります。

 長い間に、あなたの内視鏡担当医がクリニックを辞めることもあるでしょう。

このことを考えると クリニックの軸である院長の考えやポリシーが非常に大事なことがご理解いただけると思います。

 トラブルの多い施設では、院長はなかなか表に出たがりません。

 責任の所在をぐるぐるとたらいまわしにされ、解決に時間がかかることが多いのです。

 このことを考えると、“院長の「顔」をみられる会社か?”も、施設選びの大切な要因です。

 (誤解のないように、必ずしも、院長の検査をすすめているわけではありません・「院長」とは多かれ少なかれ「経営者」であり、その施設のベストな内視鏡医とはかぎりません。施設のNo1内視鏡医は誰か?申し込み時に遠慮なく受付や看護師さんに聞いてみるのがいいでしょう。)

コメディカルもあなたの「おなかの健康」の重要なパートナー

 Drには直接言えないようなこともあるかもしれません。

 検査前に、検査後に、看護師さんや受付さんに伝えるのもひとつです。

その施設のDr以外のほかの従業員もあなたの「おなかの健康」のためには、重要なパートナーです。

 コメディカルにも好かれましょう。

Drに好かれよう

 あなたがいやなことはDrもいや。
 
 
Drも人です。

 常識ある対応を。

 素直な気持ちが大切。

 信じたら、任せよう。

 あなたが医者なら、目の前の医者は必要ありません。

 うそは禁物。

 うそがあったら本音のアドバイスも期待できません。

 

 これだと思える技術的にも納得がいき、信頼できるDrを出会えたら、ぜひ良い人間関係をきづいてください。

 きっといい相乗効果が生まれるはずです。

Drの本音に耳を傾けてみよう

あなたが選んだ施設の、あなたの名医との「いい関係」の築き方についてのここだけのおはなしです。

 独断と偏見もありますが・・・

続きを読む
メルマガ無料配信中!
産業医武神が、心と体の健康に関するお話(ネタ)をお伝えしております。
うつの人にも、おすすめください。毎年数十人の職場復帰を手伝っている現役産業医ならではの、エネルギー回復のコツを惜しみなくお伝えしています。
元気な人にも、おすすめください。今まで、1万人以上の人との関わりの中で、みなさんのエネルギーレベルを上げてきた話をお伝えしています。
Email

RSSもご登録ください
お問い合わせ再開しました。
あなたのコメントお願いします

Ferretアクセス解析
こちらも応援してください!
私のCF挿入感覚はここに!
行列のできる患者に優しい無痛大腸内視鏡挿入法 著者へ感想と質問
多田智裕先生(ただともひろ胃腸科肛門科 院長)
松尾恵五先生(東葛辻仲病院 院長)
大西達也先生(ららぽーと横浜クリニック)
赤木一成先生(アルト新橋胃腸肛門クリニック 院長)
北山大祐先生(東葛辻仲病院)
武神健之(ただともひろ胃腸科肛門科)
質問したい著者をクリックして下さい。
内視鏡バイト希望Drへ
  ここが一番安心です

  ここも最近内視鏡バイトに力入れています


大腸内視鏡 必読本です
ご来訪ありがとうございます
  • ライブドアブログ