無痛で早い大腸内視鏡検査の記録ブログ

         大腸内視鏡は、痛くてつらくて大きらい!
         大腸内視鏡経験者のつらい話を聞いたから、自分は検査を敬遠します。
         つらかった最初の経験から、定期的な検査は受けていません。
         云々の意見多く聞きます。しかしそこからうまれる悲劇は、はかりしれません。
         大腸内視鏡はラクなもの、もっとラクに検査を受けましょう。
         名医はあなたの近くにいる!?ただ、気がつかないだけ・・・
         これまでも、そして、これからも、ひきつづきあなたのお問い合わせに丁寧にお答えしていきます。

2013年8月、URLを変更しました。(旧URL:http://colonoscopy.livedoor.biz/
ひきつづき、このブログもご活用ください。
武神健之のHPはこちらからどうぞ。http://drtakegami.com/

一般向けコンテンツ

ブログ引っ越しのお知らせ

このブログをご覧いただき、まことにありがとうございます。

ほぼ10年間続けてきたこのブログは、2013年11月、以下アドレスに引っ越しました。
http://colonoscopy.jp/

 
皆様の声を集め、より充実した内容、あなたの心と体の健康管理、
あなたと大腸内視鏡検査の架け橋
にお役に立てていただける内容を配信したいと思います。

お問い合わせ等ございましたら、
新しいHPより、
ご意見、ご感想、ご質問、ご要望、頂けますと幸いです。
*****************************************************************************************************************
***************************************************************************************************************** 

動画配信のお知らせ

このブログに来ていただきどうもありがとうございます。

現在、私、武神は、働く時間の半分を内視鏡業務にあてています。埼玉県の武蔵浦和の先輩のクリニック(通称ただくり)にて、
 「以前、激痛だった」
 「以前、挿入できなかった」
 「開腹既往があり、とても心配」
などの、悩みを持つ方々に対しての大腸内視鏡検査を積極的に行っています。

数年前にとったデータでは、開腹既往は、私にとっての挿入困難の原因にはなっていませんでした。
これからも、ここでの内視鏡は続ける予定です。


残りの半分の働く時間は、都内の企業を中心に、「産業医」として、働いています。


この数年間、産業医としては、ずっとメルマガを続けてきました。
企業の人事担当者や、産業カウンセラー、コーチ、そして、メンタルヘルスの病気にかかっている人、また、健康意識の高い人を対象として、日々思うことなど書いてきました。

-----
 1万人以上のビジネスパーソンをみてきた医者だけが知っている、心と体の健康に関するお話(ネタ)をお伝えしております。
 うつの人にも、おすすめください。毎年数十人の職場復帰を手伝っている現役産業医ならではの、エネルギー回復のコツを惜しみなくお伝えしています。
 元気な人にも、おすすめください。今まで、1万人以上の人との関わりの中で、みなさんのエネルギーレベルを上げてきた話をお伝えしています。
-----

これからは、大腸ネタも、心の健康ネタも、体の健康ネタも、まとめて、youtubeで動画配信をしていこうと考えております。


最新の無料動画配信をご希望の方は、いずれかの形でフォローしていただけますと、手間が省けると思います。

http://facebook.com/drkejitakegami

2)
youtubeでKENJI TAKEGAMIをチャンネル登録してください。

3)
下記ブログのRSSをご登録下さい。
http://companydoctor.jp/index.rdf 


人は、心と体、合わせての存在であり、薬に頼らずに健やかであることが、本来の姿です。メンタルな方も、自己啓発が好きな方も、単に健康に関する話を聞きたい方も、皆様の元気と笑顔を増やすべく、配信していこうと考えております。

みなさまの周りの、ちょっと元気のない人、笑顔の減ってしまった人にもぜひ、おすすめいただけますと幸いです。


よろしくお願いします。

大腸内視鏡医、産業医 武神健之

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の前に飲む下剤は、4種類あります。

このブログをお読みいただいてどうもありがとうございます。
今日の話は、
【大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の前に飲む下剤は、4種類あります。】
です。

それぞれの製品の概要、いい点(+)、デメリット(-)を独断と偏見でコメントさせていただきます。
ご活用いただけますと幸いです。

  1. モビプレップ(液剤)
    ・パックに水を入れて2000mlにし、1000mlを約1時間かけて飲みます。他に、飲んだ液剤の半分量の水分を取る必要があります。(高張液なので脱水防止のため)
    (+)薬剤の服用量が少なくすみます。 前日の検査食、他の下剤の使用を削減でき、処置時間が短くなります。
    (-) 薬剤の半分量の水やお茶等を飲む必要があります。ニフレックやマグコロールに比べると、飲み方がややこしいかもしれません。
     
  2. ニフレック(液剤)
    ・パックに水を入れて2000mlにして、約2時間かけて飲みます。
    (+) 
    服用方法が簡単です。腸管内の残便/カスが少なく、正確な検査が期待できます。
    (-)レモン風味の特有の味があり、個人によっては飲みにくいと感じることがあります。
     
  3. マグコロール(液剤)
    ・パックに水を入れて1800mlにして、約1.5時間かけて飲みます。
    (+) 
    服用方法が簡単です。スポーツ飲料水のような味で、飲みやすいです。
    (-)甘みがありますので、個人によっては飲みにくいと感じることがあります。

  4. ビジクリア(錠剤)
    ・錠剤5錠を、200mlの水分(水やお茶)で15分ごとに計10回飲みます。つまり、約2.5時間かけて、錠剤50錠、水分2000mlを飲みます。
    (+) 錠剤を飲むときは、水、お茶、麦茶、ウーロン茶、紅茶など、好きな飲み物で飲めます。ただし、糖分の入っていない飲み物に限ります。

    (-)錠剤が大きく(16x8x6.5mm)、個人によっては飲みにくいと感じることががあります。
     
2013089 大腸内視鏡下剤4種類



2013089 大腸内視鏡下剤2


最終的には、あなたの主治医とよく相談の上、お決めください。
検査にあたって、飲む下剤に選択肢のある施設だといいですね。

以上、あなたにお役に立てば光栄です。 

9月9日は救急の日、9月8日-14日は救急医療週間です。

ブログを読みにきていただき、誠にありがとうございます。
産業医の武神です。


今日は、

【9月9日は救急の日、9月8日-14日は救急医療週間です。】

という話をさせていただきます。

衛生委員会の議題(ネタ)になる内容、リンク盛りだくさんです。



9月9日は救急の日、9月8日-14日は救急医療週間です。


その目的は、3つ。

(1)国民の救急、防災に対する意識の高揚を図る。

(2)救急・災害現場で活躍している医療関係者、救急救命士、救急隊員、ボランティア等の活動を広く国民に知らせることにより、救急医療、救急業務、小児救急、災害救助等に対する正しい理解の普及向上を図るとともに、救急車の適正な利用、自主防災思想の普及啓発を図る。

(3)救急蘇生法についての正しい知識、技能の普及啓発を図り、「いざ」というとき、誰もが応急手当を行うことにより、傷病者の救命率の向上等に寄与する。



会社で何かするのであれば、

救急車を呼ぶとき、呼んだ時、呼んだ後の社内の手順などを整えてみる。

もしくは、

ベタに、救命処置の手順、応急手当の基礎知識などについて勉強する。

など、いかがでしょうか?



産業医武神的には、以下4点をポイントとしてあげさせていただきます。


1.救急車を呼んだら終わりではありません。
 応急処置をしたほうがいい場合もあります。
 応急手当が必要な場合は、消防本部から電話で指示されますので、ご安心下さい。


2.応急手当をしている人以外にも人手がある場合は、救急車の来そうなところまで案内に出ると到着が早くなります。
 特に、ビルの外で救急車を誘導できると、現場到着が早くなります。


3.救急車を呼んだら、用意しておくもの。
 現金、保険証明のコピー、内服薬(あれば)、くつ(意外と忘れがち)、タオル(あれば何かと便利)等。

4.伝えるべきことをメモしておく。
 救急隊員、到着先医療機関に、手早く簡潔に情報伝達することは大切です。
 事故や具合が悪くなった状況、救急隊が到着するまでの変化、行った応急手当の内容、具合の悪い方の情報(持病、かかりつけの病院やクリニック、普段飲んでいる薬、医師の指示等)。


■参考リンクはこちら■
「救急の日」のポスター
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10802000-Iseikyoku-Shidouka/99poster2013_kosei.pdf

応急手当の基礎知識[PDF]
http://www.fdma.go.jp/html/life/pdf/oukyu1_kaitei4.pdf

救命処置の手順[PDF]
http://www.fdma.go.jp/html/life/pdf/oukyu2_kaitei4.pdf

いざというときのために応急手当の知識と技術を身につけておきましょう
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/200801/1.html


救急車の適正な利用について
http://www.fdma.go.jp/html/new/kyukyu_riyou.html

救急車利用マニュアル A guide for ambulance services
日本語版[PDF]
http://www.fdma.go.jp/html/life/kyuukyuusya_manual/pdf/2011/japanese.pdf

英語版[PDF]
http://www.fdma.go.jp/html/life/kyuukyuusya_manual/pdf/2011/english.pdf

中国語版[PDF]
http://www.fdma.go.jp/html/life/kyuukyuusya_manual/pdf/2011/chinese.pdf

韓国語版[PDF]
http://www.fdma.go.jp/html/life/kyuukyuusya_manual/pdf/2011/korean.pdf


以上、ぜひ、あなたの心と体の健康管理にも、ご活用いただけると幸いです。
コメント、ご質問等、お待ちしております。
■http://bit.ly/jw17lT■
全てしっかし、読ませていただいております。ご質問には、真剣にお答えさせていただきます。

「いいね!」のボタンを押していただけると、
エールを送っていただいている気分で、パワーが湧いてきます。
よろしければ、あなたも「いいね!」をポチッといただければうれしいです。 

運動は頻度より時間が重要!

ブログを読みにきていただき、誠にありがとうございます。
産業医の武神です。

今日は、からだの健康に関係して、
【運動は頻度より時間が重要!】
という話をさせていただきます。


Applied Physiology, Nutrition and Metabolism Online に6月20日掲載されたカナダ、クイーンズ大学(オンタリオ州)のIan Janssen氏らの研究論文の紹介です。


運動の時間と頻度とメタボ関連のリスクについて、18歳から64歳のカナダの人々2324人を対象に、2007年から2011年に調査しました。平均年齢は41歳、男性48.4%。


参加者達を、以下3つに分けて、メタボ関連の数値をいろいろ調べました。

1. 週に150分以上の有酸素以上の運動するグループ(時間制限のみ群)
2. 週に5回以上、30分以上の有酸素以上の運動するグループ(頻回群)
3. 週に4回以下、30分以上の有酸素以上の運動するグループ(非頻回群))


*論文中のmoderate-to-vigorous physical activity (MVPA)という言葉を、私が勝手に「有酸素以上の運動」と訳しています。


結論として、
週に、”何回”運動するかは、メタボ等のリスクには関係なく、
週に、”合計何分”運動するかが、関係する。
ということでした。

この論文では150分を推奨していますが、これは、今までにもあった有酸素運動と脳・心臓疾患発症リスクなどの研究とほぼ一致していますね。


あなたは、どれくらい運動していますか?

 
■参考リンクはこちら■
http://www.nrcresearchpress.com/doi/pdfplus/10.1139/apnm-2013-0049

以上、ぜひ、あなたの心と体の健康管理にも、ご活用いただけると幸いです。
コメント、ご質問等、お待ちしております。全てしっかし、読ませていただいております。ご質問には、真剣にお答えさせていただきます。

「いいね!」のボタンを押していただけると、エールを送っていただいている気分で、パワーが湧いてきます。
よろしければ、あなたも「いいね!」をポチッといただければうれしいです。

胃カメラが大切な検査なら、腸の内視鏡検査もやるべきでしょうか?

このブログをみていただき、どうもありがとうございます。
今日の記事は、かなり長くなります。 覚悟してお読み下さい(笑)。

いつも楽しく拝読している、内藤忍さんのブログ :内藤忍の公式ブログ SHINOBY'S WORLDに「胃カメラが大切な検査なら、腸の内視鏡検査もやるべきでしょうか?」というエントリーがありました。
大腸内視鏡医であり、産業医である僕にとって、まさにストライクゾーンど真ん中的な内容でしたので、勝手に解答させていただきます(笑)。

ご質問内容は、多くの人も感じていることなのではないかと思います。

 時間のない人のために、【結論】を先にいいます。
・40歳を過ぎていれば、一度は大腸内視鏡検査を受けるべきです。
・胃の検査は、バリウムは無意味です。受けるならば胃カメラです。私は、バリウムを飲んでいる医者を知りません。



大腸に関して2つ、お話をさせて下さい。
 
1.便潜血反応は正確か?
 便潜血反応(便に血がついているか調べるスクリーニング検査)は、安価で簡便に多くの人にできる検査です。しかし、その分、正確さに欠けます。
 進行した大腸癌があっても、「陽性」とでるのは、約6割といわれています。反対に、「陽性」であっても、内視鏡検査をしてみると、「異常なし」としてでる人もたくさんいます。
 そこで、2回法といって、2日間にわたって便を調べる方法が一般的となっています。大腸癌があっても「陰性」となって引っかからないのが約40%ですので、これが2回続く確率は約16% (0.4x0.4=0.16)。つまり、2回やれば、約8割で大腸癌を当てられるというわけです。
 便潜血反応検査で、2回中1回でも「陽性」となると、大腸内視鏡検査が、次の検査となります。しかし、やってみると、癌は無いことの方が圧倒的に多く、この場合の大腸内視鏡検査は、「安心の確認のための検査」と、私は普段患者さんにお伝えしております。

2.大腸癌は予防可能!?
 大腸癌を心配して、便潜血反応や大腸内視鏡検査を受けられる人が多いですので、大腸癌の発生について、少しだけ説明させていただきます。
 大腸癌のほとんどは、大腸ポリープからできます。大腸ポリープの中でも、顕微鏡で見たときに、「線腫adenoma」という種類のものが最も頻度が高いのですが、この大腸の線腫は、おおきくなると、大腸癌になる頻度が上がります。
 だいたいの数値で言うと、2cmを超える線種の約35%に癌細胞が含まれます。また、3cmを超えると、約50%といわれています。しかし、この段階では、内視鏡で切除可能なものも多くありますので、いわゆる開腹手術や腹腔協手術になるとは限りません。また、この段階では、粘膜内癌といって、非常に早期な癌です。 昔のアメリカンファミリーなどのがん保険では、癌として認められていなかったレベルもモノです。ですので、これが、その人の寿命を左右することはないので、ご安心下さい。ただし、内視鏡で切除した標本(ポリープ)を調べて、粘膜内癌でなかった場合は、手術的な方法を考えないといけなくなります。

大腸内視鏡検査の意義
 上記をまとめて、乱暴に言ってしまえば、大腸に関しては、ポリープの段階で切除してしまっていれば、大腸癌はある程度予防可能ということです。ですので、定期的な内視鏡検査が有効です。
 便潜血反応が陽性でなくても、40歳をすぎたら一度、大腸内視鏡検査をするのは、このように、癌の予防の観点から大切かと思います。
 くどいですが、大切なことは、まずは、内視鏡検査を受けることです。後悔しないために。



胃に関しても2つ、お話をさせて下さい。
 
1.胃癌の予防は内視鏡ではできない!
 胃癌は、いきなりできるものが多いです。(大腸癌との大きな違いです!)
 多くの胃のポリープは、線腫ではなく、もっと良性のもので、顕微鏡的(病理学的)には、過形成ポリープといいます。これは、癌になることは、ほとんどありません。ないと考えて大丈夫です。
 多くの胃癌は、癌としていきなりできるというイメージものが多いです。ですので、定期的な胃カメラは、胃癌の予防という意味よりは、胃癌の早期発見という意味合いが強くなります。胃癌も早期に発見すれば、最近は多くのものが、内視鏡的に切除可能です。
 胃癌の予防のためには、ピロリ菌の有無を調べ、いるならば、除菌(菌を退治すること)することが、現在の医学で推奨されています。ピロリ菌の有無は、採血、尿、便、カメラで生検などなど、いろいろな方法で調べられますので、一度、ご考慮下さい。

2.胃バリウム検査、受けている医者を知りません
 胃のバリウム検査(胃透視)と内視鏡検査について。
 胃カメラが普及する前は、バリウムが主流でした。というよりも、バリウムしか選択肢がありませんでした。私は、内視鏡に関わる医師として、以下3点をお伝えさせていただきます。 
 まずひとつ目に、バリウムが多くの健診、ドックで利用されている点として、コストパーフォーマンスがあげられます。内視鏡検査は、医師でないとできません。また、医師以外に介助者なども必要です。また、毎回しっかり内視鏡を洗浄消毒する必要があります。一方、バリウム検査は、レントゲン検査技師1人で可能です。検査後は、患者さんが排便するだけです。この2点より、経済的に、医療機関では、バリウム検査がまだまだあります。
 ふたつ目に、検査の不快度は、内視鏡では医者の技術によります。バリウム検査では医療サイドに寄りません。内視鏡検査が不快で辛いと、その不満は、内視鏡医や医療機関に向きがちです。バリウムでは、最終的にバリウムを飲むのは、検査を受ける人ですので、検査の不快・不満は、医療サイドには向かない印象があります。
 最後三つ目ですが、私は身の回りで、バリウムを飲んでいる医師を知りません。みんな、カメラを飲んでいます。これが全てを物語っていると思います。

 口からの胃カメラで辛い方は、最近は、鼻からの胃カメラ(経鼻内視鏡)があります。次回、ご検討してみてはいかがでしょうか。
 (いい医者の探し方などご質問あれば、お返事下さい)


 胃も大腸も、定期的な内視鏡検査を、年一回のイヤなイベントとしないためにも、技術があり、気の合い、10年単位で付き合えるDr(=あなたの名医!)を見つけることが大切かと思います。 

以上、あなたの健康管理にお役に立てば光栄です。!

心臓疾患のリスクは、30代からの認知機能低下をもたらしている!?

この記事を見ていただいて、どうもありがとうございます。産業医の武神です。


心臓病のリスク(喫煙、肥満、高コレステロール、高血圧、糖尿病等)は、30代、40代という若いうちから脳の認知機能を低下させている可能性があるそうです。
brain

オランダで、35歳から82歳の人3778人を10年間調べた研究です。

とくに、喫煙の有無と、糖尿病の有無が、認知機能の低下に強い相関を認めたとのこと。


喫煙、肥満、高コレステロール、高血圧、糖尿病等は、50-70歳になってからの健康リスクの増加だけではなく、若いうちからの健康リスクの増加にも関係しているんですね。
 

若い人でそんなこと考えている人、いないでしょう。
 

ちょっと考えてみる必要あります。

ぜひ、シェアしてください。 

Increases in heart disease risk factors may decrease brain function

The Dutch Alzheimer Foundation and Dutch Kidney Foundation funded the study. The research was published in the American Heart Association journalStroke.

  • Increases in heart disease risk factors may decrease brain function.
  • The association between the two was noted in young and middle-age adults as well as the elderly.
  • Smoking and diabetes were especially linked with reduced brain function.


ヘリコバクター・ピロリ胃炎に関するQ & A

このブログにきていただき、ありがとうございます。
今日の話題は、

ヘリコバクター・ピロリ胃炎と診断するのに、感染診断と内視鏡検査はどちらが先ですか?

日本消化器病学会の 
「ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎(以下、ピロリ胃炎)の除菌治療に関するQ&A」(2013年4月26日)
によると、内視鏡検査が先と決められています。

感染診断および除菌治療の対象は、
「内視鏡検査によって」胃炎の確定診断がなされた患者
となっているので、内視鏡検査で胃炎を確認する必要があります。


安くても健康的な冷凍食品について

このページを見ていただきどうもありがとうございます。
産業医の武神です。

今日の話は、【安くても健康的な冷凍食品について】  です。


frozen_vegetables_DTもちろん、生(なま)の食べ物の方がいいことは、いうまでもありません。
冷凍すると、ビタミンやミネラルがが壊れる、酵素が云々などの声を聞きます。
しかし、生(なま)は、手に入れることが難しかったり、お値段的に高くて財布に優しくなかったり・・・
いろいろな、ご意見、状況がございますね。


そんなときに、僕のおすすめは以下4つです。

  1. ラズベリー、ブラックベリー、ブルーベリーなどのberries。抗酸化物質と繊維質もたくさん含み、とっても健康的なものですね。

  2. 枝豆。イソフラボンを多く含みます。(イソフラボンは乱暴にいえばポリフェノールの一種です。)イソフラボンの効果としては、乳がん、子宮体がん、更年期障害、2型糖尿病などのリスクを減らすといわれています。(日本では、夏には生で入手可能ですから、生をお勧めします)

  3. 魚類。生魚(冷凍していない魚)を生(=刺身)で食べるのが、一番いいです。しかし、それって、ものによっては難しかったり、お値段が高かったり・・・。そんなときは、冷凍でもいいと思います。

  4. 緑葉色野菜。ほうれん草、ケールなどの、濃い緑系の野菜も、生が厳しければ、冷凍もgoodです。


いかがでしょうか?
あなたのご意見、ご感想をお願いします。

週に1回、より濃い健康の話を聞きたい方は、ぜひ、メルマガにご登録ください。
登録は、こちらから。(またはブログ左上にメルアドご登録ください)

 

いびきをかいて9時間以上寝てる人は大腸ガンを発症するリスクが2倍高まるとの調査結果:米研究


いびきをかいて9時間以上寝てる人は大腸ガンを発症するリスクが2倍高まるとの調査結果:米研究


睡眠は健康に大切だと言うが、たくさん寝れば良いというものではないらしい。新たな調査結果で睡眠時にいびきをかいている人の場合、9時間以上の睡眠時間の人は7時間だけ寝ている人よりも大腸ガンに罹るリスクが2倍も高まるということが判明した。
 

調査を行ったのはHarvard Medical SchoolのDr. Xuehong Zhangで76,368名の女性、30,121名の男性に対し、彼らの睡眠時間、いびきの有無などを調べた。その中で、1,973名が大腸ガンを発症していた。彼らをさらに、肥満の人、いびきの有無、毎日9時間以上睡眠をとる人にグループ分けし、分析したところ、上記のような結果が出たのだ。
 

一般的に大人の理想的な睡眠時間は7〜8時間とされているが、専門家によると、長時間睡眠と大腸ガン発症の関連の主な原因は、睡眠時無呼吸症候群によるものとのこと。Dr. Zhangは「睡眠時間と睡眠の質がどのように大腸ガンを発症させるかというメカニズムをさらに研究すべきだ」と語る。
 

最近では、肥満ではない子どもも発症例があるという睡眠時無呼吸症候群だが、長期間に及ぶ、質の悪い睡眠が、重大な病気を招く恐れがあるのだから、早期治療が大切なようだ。

【産業医のコメント】
 単に、
 いびきをかく人には肥満が多い
また、
  肥満の人にはがんが多い

だから、いびきをかく人には大腸がんが多い

というロジックのような気もしますが・・・
 

メルマガ無料配信中!
産業医武神が、心と体の健康に関するお話(ネタ)をお伝えしております。
うつの人にも、おすすめください。毎年数十人の職場復帰を手伝っている現役産業医ならではの、エネルギー回復のコツを惜しみなくお伝えしています。
元気な人にも、おすすめください。今まで、1万人以上の人との関わりの中で、みなさんのエネルギーレベルを上げてきた話をお伝えしています。
Email

RSSもご登録ください
お問い合わせ再開しました。
あなたのコメントお願いします

Ferretアクセス解析
こちらも応援してください!
私のCF挿入感覚はここに!
行列のできる患者に優しい無痛大腸内視鏡挿入法 著者へ感想と質問
多田智裕先生(ただともひろ胃腸科肛門科 院長)
松尾恵五先生(東葛辻仲病院 院長)
大西達也先生(ららぽーと横浜クリニック)
赤木一成先生(アルト新橋胃腸肛門クリニック 院長)
北山大祐先生(東葛辻仲病院)
武神健之(ただともひろ胃腸科肛門科)
質問したい著者をクリックして下さい。
内視鏡バイト希望Drへ
  ここが一番安心です

  ここも最近内視鏡バイトに力入れています


大腸内視鏡 必読本です
ご来訪ありがとうございます
  • ライブドアブログ