無痛で早い大腸内視鏡検査の記録ブログ

         大腸内視鏡は、痛くてつらくて大きらい!
         大腸内視鏡経験者のつらい話を聞いたから、自分は検査を敬遠します。
         つらかった最初の経験から、定期的な検査は受けていません。
         云々の意見多く聞きます。しかしそこからうまれる悲劇は、はかりしれません。
         大腸内視鏡はラクなもの、もっとラクに検査を受けましょう。
         名医はあなたの近くにいる!?ただ、気がつかないだけ・・・
         これまでも、そして、これからも、ひきつづきあなたのお問い合わせに丁寧にお答えしていきます。

2013年8月、URLを変更しました。(旧URL:http://colonoscopy.livedoor.biz/
ひきつづき、このブログもご活用ください。
武神健之のHPはこちらからどうぞ。http://drtakegami.com/

ポリープ・ポリペクのおはなし

ポリペク(ポリープ切除)後の注意に関して

「 ポリペク(ポリープ切除)後のいろいろな生活上の制限(注意)」はなぜあるの?」

よくある一般の方からの質問に関してお答えさせて頂きます。


一般的に、ポリープ切除では、ポリープを焼きながら切除します。
切除した部分の残った側は、いわゆる「やけど」の状態です。
 
やけどの部分は「潰瘍」になります。
潰瘍とは、クレーターのようにえぐれた形のきず口とお考えください。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍と違って、大腸にできた潰瘍を治す特効薬はありません。
おまけに、このきず口には、便(うんち)が毎日こすれるわけです。

きず口に便などこすれて、いいわけないのですが、しょうがない、ですね。


多くの場合、このやけどは、約3-4週間で治ります。
人間の自己治癒力はすばらしい、の一言です。

しかし、特に、最初の1週間の間は、人により差はありますが、
「出血リスク」と「穿孔リスク」が高くなる時期があります。
潰瘍の修復過程で潰瘍が深くなるイメージでいいと思います。

ですから、ポリープ切除後最初の1週間ほどは一般的に、
程度の差はありますが、
食事内容の制限、お酒禁止、運動禁止、なるべく安静に等々の制限があります。

なるべく体にやさしく過ごして下さい、というイメージでしょうか。


他に、消化のいいものを食べる、重いものを持たない、熱い風呂に入らないなどなど施設によっていろいろな「ルール」があります。


旅行の制限に関しては、旅行中は上記制限が守りにくいことや、
旅行先で下血したりした場合、すぐに対処できる施設が周囲にあるか保証ができないなどなどの理由があります。

いかがでしょうか?

他にご質問がある方は、お気軽にお尋ね下さい。 

続きを読む

大腸ポリープの有癌率

ここ10年ほどの国内の論文をみてみると、だいたい以下のような結果となります。

施設による差がありますので、これが絶対ではありません。
あくまでも目安です。

とくに小さいポリープの場合、

積極的にとる施設では、
良性のものも多くなるため=分母が多くなる傾向あり→有癌率は低くなります。

反対に、積極的にはとらない施設の場合、
悪性の可能性がありそうなもののみとる=分子が多くなる傾向あり→有癌率は高くなります。
 

続きを読む

ポリープ,とるべきか,とらざるべきか,施設による差

大腸のポリープをとった場合、ポリープの大きさ、切除した時の感触(出血具合、焼け跡の具合など)により、どうするべきかの意見は様々ですが、以下3パターンがあると思います。

・その場ですぐ切除し、帰宅できる施設(いわゆる日帰り手術)

・その場ですぐ切除するけど入院とする施設(ポリープとったら入院)

・日を改めて後日入院で切除する施設(ポリープあったら後日入院)

どうするべきかの意見は様々です。
どれが
bestと断言するつもりもありません。

Jrank banner

 

続きを読む

積極的にポリープ切除する施設の考え方

ひとつの例として、積極的にポリープ切除する施設/医師の考え方を紹介します。

基本的なスタンスは、

目指すはクリーンコロン」。

癌はポリープからできる
(adenoma-carcinoma sequence)ものがほとんど。ならば、ポリープのうちに切除すれば大腸癌で命を落とす限りなくゼロに近づけられるはず、という考えです。

切除しない場合でも、小さかったポリープが大きくなっていないかという定期的な内視鏡的なフォローは必要です。

しかし、小さいポリープはマーキングをしない限り次回の内視鏡検査時に確実に全てを見つけるのは困難場場合もあるため、発見しだいその場で治療(切除)するほうが効率的である、とも考えます。
 

Jrank banner

積極的にはポリープ切除しない施設の考え方

ひとつの例として、積極的にはポリープ切除しない施設/医師の考え方を紹介します。

基本的なスタンスは、

定期的に見るのならば、大きくなったら切除すればいい」。

切除(ポリペク)に伴う出血や穿孔のリスクはゼロではないので、

小さいもの=有癌率の低いものでそのリスクをとる必要はない、
1年後に検査して大きくなるようならばそのときで十分でしょう、

という考えです。

小さいポリープを放置して4-6年後に検査しても、そのほとんどが同じ大きさだったというような内容の論文もあります。

ただし、この場合の「小さい」や「大きい」、「大きくなるならば」の定義は45mm10mmと個人差があります(ある印象です)。

メルマガ無料配信中!
産業医武神が、心と体の健康に関するお話(ネタ)をお伝えしております。
うつの人にも、おすすめください。毎年数十人の職場復帰を手伝っている現役産業医ならではの、エネルギー回復のコツを惜しみなくお伝えしています。
元気な人にも、おすすめください。今まで、1万人以上の人との関わりの中で、みなさんのエネルギーレベルを上げてきた話をお伝えしています。
Email

RSSもご登録ください
お問い合わせ再開しました。
あなたのコメントお願いします

Ferretアクセス解析
こちらも応援してください!
私のCF挿入感覚はここに!
行列のできる患者に優しい無痛大腸内視鏡挿入法 著者へ感想と質問
多田智裕先生(ただともひろ胃腸科肛門科 院長)
松尾恵五先生(東葛辻仲病院 院長)
大西達也先生(ららぽーと横浜クリニック)
赤木一成先生(アルト新橋胃腸肛門クリニック 院長)
北山大祐先生(東葛辻仲病院)
武神健之(ただともひろ胃腸科肛門科)
質問したい著者をクリックして下さい。
内視鏡バイト希望Drへ
  ここが一番安心です

  ここも最近内視鏡バイトに力入れています


大腸内視鏡 必読本です
ご来訪ありがとうございます
  • ライブドアブログ