陽性反応的中度(positive predictive value: PPV)は対象となる集団の有病率によって異なるので、「一般的な大腸癌検診において」で考えて見ます・・・。

2003年度の老人保健事業報告によると、無症状健康な40歳以上の方での2回法(2回便をとって調べる方法)では、受診者6403659人中、要精検率7.3%で大腸癌は1598例(0.17%)みつかっています。
 すなわち
陽性反応的中度は2.3(←1598/6403659人)です。

 

しかし、要精査となっても精検を受けない人(あるいは精検結果の回収漏れ)が40%以上と、大腸癌検診では他のがん検診より非常に高く、上記の計算ではその40%の中に含まれる癌の数が考慮されておらず(分子の過小評価)、PPVが低く見積もられている可能性があります。

 

そこで、実際に精検を受けてかつ結果が回収できた人264746人を分母に考えると、陽性反応的中度は4.0(←1598/264746人)です。

 

つまり、便潜血陽性で精検のために受診した人の中には4%の癌がいると解釈できます。

 

また、癌の疑いが1%、異常なしは40%であるので、つまり、55(←100-4-1-40は何らかの異常所見があると推定されます。おそらくポリープが最たるものと思われます。

 

便潜血陽性で精検のために受診した人の40%に大腸ポリープ(腺腫は30%)がみつかったという平成15年度の日本消化器集団検診学会の集計もあります(日本消化器集団検診学会誌4429,2006)。

 

 

便潜血陽性のときは、4%で癌、癌がなくても半数以上の人はポリープ等の何かがあります。便潜血陽性のときは、大腸内視鏡を受けましょう

関連記事:便潜血陽性で注腸(バリウム)検査を進められましたが…